幼稚園は良い子が育つ制度だけど、保育園はそうでもないのです。

今の日本人の多くは悲しい位乳幼児期に対しての知識は乏しいと思われます。

従ってこのような論文を読まれて乳幼児期の大切さを勉強して欲しいと思います。

     この論文をを読んで欲しい人

        1番目は政治家                          

      2番目は教育者

      3番目はマスコミ、各論客

      4番目は結婚する人、出産した人

結婚する人、あるいは出産する人の知識のプレゼントに最適な論文だと思います。

                   

セールスページは本文を切り取った一部分を載せています。

 

はじめに

現代社会は昭和40年頃の社会と比較して心と体の健康がかなり悪くなって来ています。そこで何故これだけ悪くなった原因と対処の方法論の心の部分を論じたいと思います。

 

社会の流れについて

昭和40年頃までの心の健康はきわめて健全で当時の日本社会において不登校、二―ト、幼児虐待、こんなに多くの離婚、街には落書きとか、放火がない時代でした。

この様な社会になった一番の原因は保育制に問題があり、特に3歳未満を預かる未満児保育の導入以降悪くなったのです。当時の保母会は今日のような社会になるといって、未満児保育に対して反対運動をしたのです。

未満児保育の始まりが昭和30年中頃から終わり頃と聞いています。その子が中学生に成長した昭和50年頃から少しずつ教育問題は悪化の一途をたどって来ているのです。

この事が自民党から共産党まで誰が政治を行っても心と教育問題は良くなることはありません。政治を志す人は、幼児期のあり方を良く考えて見直して欲しいと思います。

昔日本軍が中国へ攻めて行った時、当時の国民の8割は賛成と聞いています、戦争に負けたら軍隊が悪いとか、マスコミが悪とか言っていますけど、国民が悪いと言うのは聞こえて来ないのです。

現代も保育園制度が悪いと国民もマスコミ、政治も言わないのは、戦前の日本人の体質と同じではないかと思います。国民の方から保育園の要求が多く出ていて行政も20年程前位までは、まだ早いからかわいそうと言って押し止めたのです。ここに民主主義の欠点があるのです。

 

今の少子化政策の間違い

今の日本は少子化政策と言えば保育園とすぐ口にしますが、これも不思議な発想で今結婚している夫婦は2.3人の子供がいますが、結婚していない女性がいるので1.4人位に下がるのです。

従って保育園を作るというのは、結婚している夫婦を応援することになりますから、2.3人以上の子供を生みなさいと言っているようなものです。

 しかし2.3人の子供がいれば大学までの生活費と教育費を考えた時これ以上子供を生むのは無理難題です。従って保育園を作るのは少子化政策でもなんでもないのです。

もし本当の少子化政策をしたいのであれば、いかに若い人を結婚させるのかと言う事でしょう、昔フランスで行った制度に習い40歳以下の独身者から税金を取ってその財源で第子は月万円、第子は月万円、第子は月万円ほどの受給があれば、結婚しなければ損だと考え結婚する人も増えると予想されます。

今の日本の国土の広さでは5千万人位の人しか食料自給出来ないと思います。昭和30年頃日本の人口千万人位の時この国は人で沈没すると言う時代でした。従って移民として海外へ送り出した時代だったのです

50年後の地球の人口と食料を考えた時、この政策が良いのか悪いのか多分神様しか分からないと思います。

 

人生論について

どうすれば良い子に育つか

         愛情不足によるつの弊害

つ目の理由の問題が一番深刻な問題です。昔の日本社会のお母さんは愛情豊かで育ったお母さんが多く子育ては天性だと言って子育ては楽しいというお母さんが一杯いたのです。

女の幸せは結婚あると言ったのはこの時期の子育てが楽しいく幸福感を感じていたのだと思います。当時の男性で性格の悪い人も一杯いたのに離婚が少ないのは、子供を思う母性が強く我慢強い人が一杯いたのです。

従って離婚をする時も子供を置いての離婚は少なくそれだけ子供を守ろうとする母性の強い時代でした。 

今は未満児保育で育ったお母さんつまり愛情不足で育ったお母さんが数多く子育てしている時代なので子供が生まれても可愛く思えないとか、育児をするとストレスを感じるとか、離婚が多いのも愛情不足が根本的な原因のひとつだと思います。 

そこでもう一つ困るのはそう言うお母さんに育てられた子次に親になった時はもっと悪く子供を育てる可能性高いと思っています。つまり負の連鎖なのです。

 

幼稚園と保育園の違い

幼稚園と保育園の違いは細かく見ると10箇所位の違いがありますが、子供の視点で捉えて保育園はつの問題点があります。

この事が、幼稚園は良い子が育つ制度で、保育園はそうでもない子を育てる要因となっているのです。

幼稚園卒園児だけで構成されている全国の付属小学、中学などは全く問題ないのはその良い例です。従ってそこの学校は幼稚園卒園の子か保育園卒園の子の構成比率で人間的にも教育的にもレベルの差は分かると思います。

つ目の理由の問題点は、保育園は昼から行う昼寝はありますけど、幼稚園はありません。この違いも大きく私は、昼寝は問題ありと考えています。

私は保育園卒園の子達、あるいはその母親たちに保育園で嫌なことはなかったですかと質問した時の答えですが、何で眠くもないのに寝なければならないとか寝たふりしていたとか、子供のお母さんからもうちの子も昼寝が嫌いだと言っていたと言う答えが数多く返ってくるのです。

幼児期と眠りについて考えた場合、0~2才位までは眠くなって来るとグズルのです。この行為は「お母さん」「お母さん」今から私は寝ますからしっかり見守って下さいと本能的にシグナルを送っているのです。そこでお母さんは抱っこしたりおんぶしたりして、子供にぬくもりを伝え子供の体温を高くして体温が高くならないと眠りに陥りません寝やすい状態を作り子供が安心して眠りにつくのです。

3~5才位の子供はグヅリませんし、抱っこも、おんぶもいりませんが、「お母さんここにいて」とか「お母さん一緒に寝よう」と言って安心感を求め安心して眠るのです。

私はこの昼寝問題も不登校の原因のつになっているのではないかと思われます。小さな子供にとって嫌な事をされれば将来は積極的に前に出る力が弱くなるのは事実です。

私の調べでは6~7割方は昼寝嫌がっていますけど、残りの人は昼寝は嫌がっていません。保育園卒園の子と幼稚園卒園の子の不登校の割合を調べると圧倒的に保育園卒園の子が多いと思われます。

ただし幼稚園卒園の子でも未満児保育園から幼稚園へ入園した子は不登校の確立は高いと思います。本当はここの部分を調査をして発表すると日本の不幸はつ減ると思いますが、社会が混乱するので分かっていてもやらないと思います

昼寝する頃は確かに疲れて子供の昼寝は必要なのです。ベトナムではその頃一度家に帰して再び登園すると聞いていますので、多分ベトナムの子供も昼寝が嫌いなのでそうしていると思います。

では何故幼児昼寝を嫌がるのか、この続きは本文で

 

         3才児神話はイエスかノーか

私の考えではイエスだと思います。何故ノ一と言う意見が出たかと言うと女性の社会進出が一般的な傾向になり、子供を早い段階で預かる保育園と言う制度が必要となり、さらに私の考えでは間違った少子化政策でますます保育園が必要だということになり、厚生省は3才までは母親が家庭で育てようと言う考えは時代に合わないので、この考えは古いと言う事にして反対していて具体的な理論もなく3才児神話は間違っていると言っているのです。

ここから日本の悲劇が始まったのです。私が思うに3才までは母親が育てようと言う7つの理由があるのです。     

       3才児神話はイエスの7つの理由

4つ目の理由ですが、子犬のペット販売の時、厚生省はある程度親と―緒に生活していない子犬は社会性が身につかず、将来問題行動を起こす事から法規制により早い段階での子犬の売り買いをしないよう販売店の許可の条件に組み込まれています。ここに厚生省が行っている保育園との矛盾を感じています。

参考までにドイツでは犬の販売は、業界のルールで生後80日までは親兄弟と引き離しての子犬の販売は禁止です。

5つ目の理由は私も色々と幼児の本を読んでいますが、幼児期に遊ぶ大切さを教える本は沢山ありますけど、0~3才くらいの時保育園に預けなさいという説は私の知る限り聞いた事がありません。

幼児の才能教育で世界的に有名なグレンドーマン博士などは子供は幼児つまり3~4才までは働くべきではないと言っています。参考までにオースラリアは3年間の育休です。                        

 

男は育児の主役を行ってはいけない14の理由

男性も育児をしなさいと誰が最初に言い出したか知りませんけど、言い出した人は幼児期の在り方は、私の考えでは何にも知らない人だと思います。

1つ目の理由は男性は女性と比較して無口なのです、無口な人が子育てしますと脳の発達が遅れボーとした子に育つと思います。

最近の若いお母さんは言葉のシャーワで育っていない可能性が高いので、そのような子供が増えると思います.従って女性のお喋りはよい子を育てる1つの条件なのです。

赤チャンは語学の天才で0~1才などは喋ている言葉の意味は解りませんが、日本語を喋れるのもここに原点があるし、ある国の話で6才児で勉強もしなくて6ヵ国語を喋る人がいたのです。これは赤チャンの世界だから出来る事です。

4つ目の理由は特に大切なのですが、赤チャンから見た一番の欲求は自分だけのお母さんの独占欲が重要で、お父さんでなくお母さんなのです。

ここをしっかり満たす事が将来前に出る力の強弱、つまり七転び八起き出来る出来ないはここで決まると言っても過言ではありません。

7つ目の理由は西洋では女性の手は神の手と言って育児の時に重要な役割を果たすのです。そこで男性の手と女性の手の違いは、女性の手の方が手の平が温かいのです。ではなぜ温かい方が良いかと言うと赤チャンは抱かれた時は安心するし寝る時なども暖かいとすぐ眠りに付くのです。(体温が高くならないとなかなか眠りに付かない)布団に寝かせるとすぐ目覚めるのは暖かさが無いのです。昔から女性に寿司職人に向かないのはそう言う理由なのです。

これと同じ理由で男性と女性は肌感覚が違います。つまり男性は筋肉質女性はモチ肌で女性の肌の方が体温が伝わりやすいので安心するのです。なお女性の冷えはおへそから下で、上半身は暖かのです、

その1つの証明として心臓病での死亡は50才未満の人で男性10に女性1の比率なのです。これは私の考えでは温かいので、血液が固まりにくいと考えられます。

何故、勉強するのか

故米長邦雄さんの幼児論

 

 

 

福 島 様

 早々にお手紙ばかりか、保育に関する貴重な文章を送り頂きまして誠にありがとうございました. にも拘らず、年末年始は各行事や第4回出版本編集など多忙に追われ、お返事が誠に遅れましたことを、まずはお詫び申し上げます。

 それにつきましても、福島さんの御見識と言いますか、さすが幼稚園PTA連絡協議会会長さんであっただけに、保育に関してその深い洞察カや様々な保育にまつわる不合理、つまり子供の心身の成長にそぐわない、ややもするとマイナス要因になっているその原因を、整然とした理論で説かれているお話には、目の前のうろこが落ちたような気持で拝見させて頂きました。

 特に3才までの子供に対に対する愛情の大切さや、保育所と幼稚園の違いが生じる子供への影響の大きさには、これまで誰も語らけなかった問題だけに、改めてその深刻さを知ることが出来たように思っています。

 また午睡が及ぼす、子供へのストレスと言いましょうか,当会でもこれまで寄せられた多くの証言からも、何かしらの害はあっても、子供にとって利のないことが、福島さんのお話からその理由が更に明らかになった気持ちが致しました。 

 それ以外にも保育に関して,様々なご指摘がありましたが、そのすべてに納得がいく思いで拝見させて頂きました。

 ところで当会では、近日中に第4回出版を予定しておりますが、今度は保母による子供虐待という問題を回避するためには、どうすればよいかという点について重点を置いたものになっています。

 そこでお願いしたいと思いましたのは、良い幼稚園と劣悪幼稚園の相違点についてや、子供にとって良い幼稚園のメリットなどの御意見があれば、ぜひお聞かせ願いたいのです。

 また子供にとって給食などの食生活も大切なのですが、では保育施設によっては福島さんのご意見のように劣悪な給食ではアトピ-などの原因にもなっているのではないかという意見が多数の会員にありました。  この点についてももしご意見があれば、ぜひ教えて頂きたいと思っております。

 とにかく毎日が保育の勉強と,会員一同考えておりますりで,出来ますればいろいろご指導して頂ければありがたく思っております。

 その上でもしよろしければ、子供にとって悪影響を与える保育園についてや良い影響を与える保育園についてのご意見を当会出版本を通じてぜひ多くの読者に発表して頂けませんでしょうか。

 お忙しい福島さんとは、存じておりますがその点に付きましてぜひ御一考下さいますようお願い致します。 

 それでは季節柄お風邪など召されぬよう、お身体ご自愛下さいますようお願いもうしあげます。 会員一同ご連絡お待ちしております。

         平成10125日 

          幼児虐待保育研究会   代表 中村季代

 

 

 

           クレジットカード(月額課金の場合)    銀行振込・郵便振替   コンビニ

 

 

                                                ダウンロード版41ペ-ジ3000円

ご注文後入金が確定しましたらマイページから商品をダウンロードして下さい。